漆工 綿引千絵の奮闘記
 
「うるしやLA」の展覧会
 今月21日まで、「モダンなのか、伝統なのか、 食卓を彩る漆塗りグループ展」が開催されています。主催がインターネット上の漆器セレクトショップうるしやLAで、会場はギャラリー介(東京・渋谷区)です。
 うるしやLAのオーナーさんは、使い手の目線でよいと思う作り手に交渉して、ご自分で売っておられるので、どんなものがなぜいいのか、というお店のポリシーがよくわかります。作家や器にまつわる話も気軽に聞くことができます。あたたかい展覧会です。よかったら足を運ばれてはいかがでしょうか?


  うるしやLAのこと
 数年前にネットを見ていたらたまたまこのショップを見つけて、メールマガジンを購読してきた。取り扱い作家は9人ほど、(私が)もともと知っていた人、初めて知る人、在住も東北・北陸・関西、とさまざまだ。どんなオーナーさんがどんなふうに選ぶ器なのだろう…と思っていた。
 今回の展覧会でオーナーの西田さんに初めてお目にかかった。とても気さくな方で、話を伺っても売り手である前にまず使い手として漆が好き、というあたたかい雰囲気に満ちていて、こんなふうに漆を伝える売り手がいてくださるのは、作り手にも使い手にとっても有り難いと思った。

 これから書くことは、自分自身がホームページに品物と値段を載せている立場で私が言うのもおかしいかもしれない。
 漆器は選ぶのが難しいから、間違いのない物、満足いく物を買おうとしたら、本当はこの目で見て買う方がいい。でも自分の行ける範囲にいい物を扱う店があるとは限らない。
 だからネットが便利なのだが、本当の店舗でもオンラインショップでも、信頼できる漆器かどうかのポイントは、ひとつには、売る人(店)だと思う。漆器は表面を見ただけでは、中の木地、下地、漆が中国産か日本産かわからないことが多い。値段である程度判断できるが、店主の考えを会話や書かれた物から読み取って、初めて信頼を置くのだと思う。その意味ではうるしやLAは品物のデータを詳しく出しているし、ネット上だけれども作り手や売り手のコンセプトが伝わってくる。

 通販の場合、特にいいと思うのは作り手とは別にオーナーや店主が存在することだ。店主のセレクト、ということが信頼につながるのだろう。個々の漆器店や作家が(私も)ネットで販売しているが、いくら本人がアピールしても、比べる基準がないから決断しづらい。店主が集めた品物なら、すでにその人の基準で他と比べた結果これがいいというのだから、あとは買う側がその基準が好きがどうかで決めればいい。
 というわけで、うるしやLAのような販売スタイルはいいなぁと思っている。

 
【2007.01.17 Wednesday 18:02】 author : chiewatabiki
| 展覧会 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
「松田権六の世界」展へぜひ!
 昨日「新・日曜美術館」でも紹介されたが、今、東京国立近代美術館工芸館で松田権六展をやっている。近所の人が招待券をくれたのもあって、私は張り切って初日に出掛けた。いやぁ、「ほんとあなたは漆の神様だよ!」と思いながら、うっとりと見た。見て楽しかった。
 
 私は蒔絵の専門技法を知らないから、そのすごさはわからない。私がまず感じたすごさは、これだけの質のものをこんなに沢山作れるのか!ということだ。松田権六のものばかり一堂に会した展覧会は初めて見たから、会場全体から‘権六エネルギー’が襲うようにやってきて、どんどん涌いてきてどんどん作れる、並外れた「精力」をすごく感じた。実際は生みの苦しみは当然あるのだろうが。
 多作の作家でも、似たような作品ばかりだったり、それほど力を費やしてないものが混じっていたり、ということもありうる。権六はただ多いのでなく、もっと、全体から漲るエネルギーを感じた。小品から大作まで、いや製図の段階から、丁寧に心がこもった印象を受ける。
 
 またどの作品をとっても、楽しさや可愛さがどこかに必ず漂っているところが私は好きだ。輪島漆芸研修所の教室に権六さまの教えとして「芸は人なり」の書が掲げられていたのを覚えているが、権六作品が素敵なのはご本人が真摯でかつ軽快でお茶目な人だったからだろう。想像だが。きっと可愛い人だったのだろう。なんか作品が可愛い、可愛げのある芸術品なのだ。
 近代以降の漆芸作品で素晴らしいものは多くあるが、抱く感想はどちらかというと「きれい」と「すごい」である気がする。権六作品はもちろんきれいであり、神業と言えるほどすごくもあるのだが、それプラスいつも「楽しい・可愛い」感が共にある。光琳・光悦ほど奇抜じゃない、静かな楽しさみたいな風だ。だから、漆芸品独特の人を寄せ付けない感じがしなくて、「これ欲しいなぁ」と思わず言いたくなるような親しさがある。それは、松田権六が作品の構想・作業を楽しんでいた表れだし、更に想像すれば、作品を自己表現のための手段としてだけでなく、器や道具として「楽しむ物」と捉えていたからではないか。蒔絵で素晴らしく表現することが最終地点でなく、「こんな場に合うこんな物を作ろう」という目的で、そのワクワク感に動かされて作るから、できた物が楽しいのかな、と思う。
 平卓や棚も素晴らしかったが、食器の梅文や華文の可愛さとか、棗に描かれた外国絵本に挿絵してありそうな帆船(棗)の不思議な雰囲気、それから、全ての作品の色合いや図案の配置や形のバランスが見ていて飽きなかった。

 あと一つ、なんで権六に惹かれるのかと考えたら、テレビでも言っていたけれど、やはり「物に学ぶ姿勢」なのかなと思った。松田権六は古い物にも新しい物にも好奇心旺盛で、いいと思えば飛びつく人だったと聞くが、漆のあらゆる技法・文化に対しても、柔軟で「学ぶ姿勢」の人だった。過去に廃れた技法を研究したり、漆器の各産地の技法にも詳しかったし、派閥やら系統やらにとらわれないで何でも知ろうとしたみたいだ。
 だからなのか、私から見て、権六作品は「漆芸」ではあっても、漆文化の中の「漆器」なんだ、これもひとつの(最高峰の)「ぬりもの」なんだ、と思える雰囲気がある。雑器があって、その先にハレの漆器があって、その延長線上に芸術品たる漆芸作品がある、と思えるのだ。それはなんだか安心することだ。だからその作品は心地よい。なぜなら、自分と他を含めたさまざまな物のあり方を肯定したところにある作品だからだ。
 ものごとを極める人なら皆そういう姿勢をとりそうなものだが、実はそれができる人は稀かもしれない。権六が柔軟でポジティブな見方ができたのは、彼の生まれた明治期の北陸というのが、漆器を作るのも使うのも盛んで、かつ、漆芸を漆工から区別することがまだ新しく、両者の間に「溝」が横たわるまでにはなっていなかったことも背景にはある。その後徐々に偏見が定着してしまったのかもしれない。
 漆の世界だけじゃないと思うが、自分と違う道をたどる人を否定する場面をたくさん目にしてきて、一時は気持ちが滅入ってしまった。芸術として漆をする人は商品を作る職人をけなす。地場産業の漆器屋さんは漆芸家を「わかってない」とこきおろす。漆は表現の多様さ、幅広い利用法が特長なのに、漆に携わる人がお互いを否定し合ってどうするんだ、と思ってしまう。どのジャンルでも秀作と駄作はあるものだけれど、他のジャンル自体を認めないような議論を耳にしたときは、嘘かと思ったし虚しかった。漆を文化として考えれば、芸術品も器もオブジェも、漆の良さがいろんな人の手によって、いろんな風に引き出されることがプラスだし、相手のあらを探すよりは相手をよく知ることが大切なのだろうと思う。相手についての無知が悪口を生むものですよね。
 
 松田権六の偉大さから離れてしまった。でも彼がそういう「他者肯定」の価値観に立っていたことも「神様」たる所以の大本かもしれない。だからスゴイ!
 とにかく、エネルギー、技術、センス、考え方、どれも触れられてよかったと思ったこの展覧会、新年にふさわしいし、興味があればいかがでしょうか。大人間国宝を権六と呼び捨てにしてゴメンナサイ。


【2007.01.08 Monday 14:51】 author : chiewatabiki
| 展覧会 | comments(3) | trackbacks(1) | - | - |
菊地さんの拭き漆の器
 このところ拭き漆の頼まれ仕事をしていた。今日やっと、盛器8つを納品し終わってやれやれである。でも、毎日ケヤキの木肌に触れていられるのは心地よいもの。拭き漆は癒し系の仕事だ。特に上塗で苦戦して自信をなくした時ならば、拭き漆は埃を気にする必要もないし、木目の表情は漆が重なるほどに変化するので、鼻歌が出るほど心が弾む。

 拭き漆とは:
 木地に漆を塗り広げて染みこんだところを、直ちに布などで余分を拭き取ってしまう技法。なるべく念入りに拭き取る。乾いたらまた同じ作業を何度も繰り返す。拭き取っちゃうのなら意味ないじゃないかと言われるが、木目から染みこむ分でだいぶ木は丈夫になる。そしてわずかに残る表面の漆が何層にも重なることできれいな艶が出てくる。また、木の堅いところと柔らかいところで漆の吸い込み方が違うので、拭き漆を繰り返すうちに木目の模様がはっきり出てくる。模様の出方はやってみるまでわからない部分があるから、変化が面白い。漆を重ねる回数によっても違うし、漆の種類にもよる。
 
 拭き漆の依頼人は同じ町に住む菊地吉紀さんだ。近々個展を控えていて、それに出品したいとのことで少し急ぎの仕事だった。菊地さんは陶芸家で、地元で陶芸教室をしておられる。菊地さんは木彫家でもあり、ご自身の顔にそっくりな観音様を彫るらしい。木の器も作っている。
 私が菊地さんに出会ったのは去年の展示会でのこと。お友達に木曽の野口義明さんがいるということで、早速年末に野口さん宅にお伴させていただいた(「箸の作り方」の項は野口さん談)。そんなつながりから、今回拭き漆の仕事を頂いたのだ。
 菊地さんは、今までの木彫作品は白木のままか、オイルや他の塗料をかけて仕上げていたそうだ。漆仕上げの経験はあまりなかったというから、今回、作業途中の器たちをたびたび見に来ては「やっぱり漆は違うなぁ〜、高級になっちゃうもんだなぁ〜」と菊地さんらしい表現で顔をほころばせておられた。
 ケヤキの木目がどんどん美しくなっていくのは、私にとっても新鮮だった。椀木地や白木のボウル、ペン立てなど、手持ちのものに片っ端から拭き漆をして、多少実験済みではあった。でも、ちゃんと仕事として拭き漆をしたのは初めてだった。しかも、菊地さんが持っているケヤキ材はちょっとすごいのだ。
 長野県鬼無里にあったご神木が何かの事情で切り倒されたのだが、その樹齢800年のケヤキを1本まるまる譲り受けたのだそうだ。幹は大人が手をつないで十数人くらいの太さ。菊地さん曰く、どんなに作っても使い切れない量の木材だ。枝だけでも相当ある。私が預かった盛器はどれも結構な大きさで、直径40センチ以上のものもあったが、すべて枝の部分だそうである。そんな大木だからなのかわからないが、ひとくちに枝といっても木目や肌の色、艶の出方がそれぞれ違って興味深かった。木の性質に作り手の意思が加わって、どこまで漆を重ねるか、どんな質感を引き出せるか、考えながら作業するのが楽しかった。

 志木近辺の方は、よろしかったら是非見にいらしてください。

 菊地吉紀 陶木展
  陶器と木彫の器・仏像が出品されます。
  日時: 2006年5月25日〜30日
  場所: SPACE M & TERRACE  
       志木市本町1-2-2
       048-487-8486
  
【2006.05.17 Wednesday 19:26】 author : chiewatabiki
| 展覧会 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
匙と小さな盆展
 目白台のギャラリーKAIへ、匙屋・さかいあつしさんの匙を見に行った。前から評判を聞いて「見たい見たい」と思っていたし、自分も匙を作るようになったので興味があったし、何より、失敗ばかりで暗い部屋に閉じこもって暗い思考しかできなくなっている自分に危機感を持って、「外へ出ねば!」と思い立って出掛けた。

 さかいあつしさんは、職人修業をしたとか美大卒とかの出身ではないらしい。だからなのか、作っている物も自由だし飾らないし、「漆で何か作る」というより「物を作って漆を塗った」という感じがして、匙や盆が漆器である前に「物」なんだと感じさせてくれるのがいいなぁと思いました。漆の世界に浸った環境だと、物として成立しているかということが、意外に物作りの中心から外れてしまいがちじゃないかと思う。そういう点で、使い手に近いところで作っている人という印象を受けた。
 さかいさんの匙は力を持っていると思った。会場に置いてあって人を吸い寄せる存在感があった。ごついからではなくて。作る動機や思いが明確で、使う人の目線と合っているからなのかな。生活道具に「存在感」が必要かどうかよくわからないが、少なくとも人がその匙に目をやり、手にとって、買うきっかけになる。
 
 私の匙は、さかいさんのと比べてみると角度・口当たり・持ちやすさをよっぽど細かく工夫し、匙の種類に応じてそれぞれ形を作っている、と自分では思う。その工夫は大事に続けたらよいことなのかもしれないけれど、さかいさんの匙を見たら、自分のはなんだか力なげで頼りない気がした。形状がさかいさんのより華奢だからということではなくて。これは物に宿っている力の問題でそう見えるのだろう。自分の自信のなさや実力のなさが、匙の匙力(さじりょく)?にそのまま投影されてしまうのだなぁ。私の匙はまだ、誰にとっても安心できる、頼りたい匙になっていない。
 物の「良さ」というのは機能がどうとか、技術とかデザインだけで決まるのじゃない、作る「人」そのものが物に表されて、そこがお客さんに瞬間的に判断されているのだと思った。もちろん物は機能が大切だ。でも機能は「良さ」の一要素ではあるけど、むしろ必要条件だ。十分条件ではない。その点、さかいさんの匙はちゃんと魅力を放っていた。
 では機能はどうか?そこで一本買ってみた。使ってみて勉強するために。手彫りに拭漆仕上げで3150円(中サイズ)。私は今、漆を買うお金にも事欠く財政状況だが、人の品物を手元に置くのはとっても刺激になる。これでまた匙へ向かう気持ちが盛り上がるなら価値ある投資だ。少なくとも暗い気持ちを少しでも晴らしたい。
 
【2006.04.11 Tuesday 02:13】 author : chiewatabiki
| 展覧会 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
華麗なる吉田屋展
 松屋銀座での九谷の吉田屋展、最終日に駆け込んだ。
 すごい混みようで見るどころではない、体勢を保ってちゃんと歩くのがやっとだった。あれは池坊の生徒さんであるおばさま達が多かったのでは?
 古九谷の大胆な雰囲気は好きだが、九谷焼が好きなわけではない。今日も大皿を見て、美しいのかなぁと思った。緑の割合が多いなぁとか、緑・黄・青・紫はそんなに絶妙の組み合わせなのだろうか?と疑問を持ってしまった。4色の相性は素敵なのだろうが、色の配分や釉薬の発色によってだいぶ違うなぁと思った。
 
 でも、全部見てみると九谷の「盛りだくさんさ」にもてなされたようで、なんだか満足感のある展覧会でした。吉田屋ってやっぱりすごい、と納得するデザインもあった。
 あの四彩に埋め尽くされた、一見うるさい器が部屋に置かれることを想像してみる。そうすると、自分が石川県に住んでいたからなのか、冬のどんよりした空気感の中では、まして今ほど室内が明るくなかった昔ならばなおさら、あれはアリなのである。というよりも、しっくり来るだろうなぁと思った。寒くて暗い場所で、真っ白な余白のある静かな有田焼を使ってもきっと寒々しいだろうなぁ。
 一番好きだったのは小皿だった。小物は思わずどれも欲しくなった。縁取りの模様もサインペンで描いたように細かくて、釉薬の色づかいもモザイクみたいで、ああいうちょこっとした古びた華やかさが現代生活にあったら楽しいですね。
 豆皿とか琵琶型小皿とか、不規則な曲線を持った器に刺激されて、漆でも曲線たっぷりな物を作りたくなった。
【2006.01.16 Monday 23:35】 author : chiewatabiki
| 展覧会 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |