漆工 綿引千絵の奮闘記
 
<< アイヌの漆器?! | main | 自問自答と今年唯一の出品 >>
親指切断?!事件
 9月はあっという間に終わってしまった。時間に追われているのはいつものことだが、今月は9月3日のささいなミスからちょっとした騒ぎ(といっても家族内)を招いてしまった。今、手の指は10本ちゃんと揃っているが、一時「親指短くなるかも」と医者に宣告されてしまったのだ!

 研いだばかりの小刀でヘラを削ろうとしていたときスパッと左親指の指先を切ってしまった。指の傷ってホントにホントに痛いものですね。その日の夜は痛くてほとんど一睡もできなかった。
 普通の人は血が止まらなかったり痛みがひどければ病院に駆けつけるのだろうけれど、私はなんだか病院を最後の手段みたいに考えてしまう癖がある。結局痛みに耐えられず、また治るか不安にもなって、外科に行ったのは3日後だった。グジャグジャになった傷口を見たお医者さんには呆れられるし、その後治るまで3週間まともに左手を使えなかった時間のロスを考えれば、とっとと初日に病院で2,3針縫ってもらえばよかったと後悔。頭ではそう解るのだが、どうも私は自然治癒志向が強くて、今回も「我慢してれば治る」と自己判断してしまっていた。
 というのも、うちの母親は30年も前から「ロハス」な(?)生き方実践者で、食べ物は自然食、民間療法大好き、家に置き薬はなし、風邪は生姜湯を飲んでひたすら寝て治せ、という人なのだ。私はそんな考えに浸って育った。だから、なんとなく薬や病院に頼ること=悪いこと、という考えに無意識に傾きがちなのである。母の病院嫌いエピソードをひとつ。10年近く前に母は胃を壊して吐血した。すぐに家族が救急車を呼んだところ、母は乗るのを拒んだ。血を吐いて真っ青になっているというのに、フラフラ2階の自室に上がって行ってしまった。救急隊員に行きましょうと説得されたが、返した言葉が「自分で治します」だったらしい。結局、強制連行、そして入院だ。 
 話を戻して…、指は順調に治らなかった。傷口はすぐにくっついてきたが、指全体が真っ赤に腫れ上がっていておかしいということになった。なんと病院に行くまで3日間氷で冷やし続けたせいで、凍傷になっていたのだ。確かに皮膚の感覚がしびれたように鈍い。「肉が腐れ落ちて指を切断することになるかもしれません」と言われた。でも、見た感じ腐りそうにもなくて、私はしばらく様子を見てみようとのんきだったが、家族は青ざめていろいろ調べてくれ、漢方の軟膏を教えてもらったり、鍼灸院にも連れて行かれ血行促進の鍼とお灸を受けたりした。数日後、また外科医に「治るかわからない」と脅されてしまった。さすがに不安に駆られて、他の病院にも診てもらうことにした。そこで皮膚科に行った(また我が家の傾向で、東洋医学のアドバイスはすぐ求めるが皮膚科に行く考えはその時まで浮かばなかった!)。皮膚科の先生は一見してすぐに「こんなのじきに治るから心配要らないよ」と言ってくれた。外科医が「気休めだけど」と塗ってくれた薬も凍傷には効果のないものと判明した。
 その言葉通りその後は日に日に良くなって、今は新しい肉も皮も出来てきた。こんな小さな怪我だったけれど、大げさに言えばこれも医療問題の一端かなと思った。お医者さんの言葉って重要だ。人を元気にするのが医者なのだったら、人を不安に陥れたり希望を無くさせる言動はいかがなものか、と言いたくなる。ちゃんとした見立てとちゃんとした説明とちゃんとした治療がもちろん患者の望みだけれど、できればそれに加えて患者を人としてちゃんと扱ってほしいなぁと思った。そうすれば無責任な脅し文句は言えないはずだよなぁと思う。
 ただ、私の指はまだ感覚が戻っていない。まだ指切断の可能性アリだったりして…?!
【2006.09.30 Saturday 00:27】 author : chiewatabiki
| 仕事 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
あらまー!
チエ大丈夫?大変だったね
まったくそうだよね外科医ってほんとカウンセリング能力ゼロの人が多くて私もいつもそういうことでイライラしてた。
お医者さんは“そういう言い方しかしないんですよ、大丈夫だから元気出して”みたいなこと、あたしもよく言ってた。
今は、内科勤務に変わって医者の種類がずいぶんちがくてびっくり。ちゃんと説明できるんだ医者って!なんて驚きもあったりとか・・(笑)
まあでも、よくなってきてよかったね

| 福島英子 | 2006/09/30 11:09 PM |
あれから経過報告もせずひと月経ってしまいましたが、指の感覚はほとんど回復しました。まだ指先で感じる繊細な感触はわからないのですが、物を持つには支障なく、普通に仕事ができるようになりました。
何人かの方にはお見舞いの言葉をもらい、ご心配掛けましてすみませんでした。
それにしても、ほんと、神経系は複雑なのですね。もう昔の出来事のようなのに、感覚を完全に取り戻すのはまだしばらく時間が必要みたいです。でも痛みはないので大丈夫!
| chie | 2006/11/01 7:02 AM |
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie irving shoes
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan 12
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fitflop shoes
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora jewelry
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes wallets
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ ultra boost mens
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade sale
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ ultra boost mens
http://www.lebron15-shoes.us.com/ nike lebron men
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop uk
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ puma slides
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ yeezy boost 350
http://www.airmax90shoes.us.com/ nike air max 2018
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike air force 1
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ red bottom heels
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp bag
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ adidas yeezy boost 350
http://www.curry4-shoes.us.com/ curry 4 shoes
http://www.nikeairmax-90.us.com/ nike air force
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon speedcross 3
http://www.jordan11spacejams.us.com/ jordan 11 retro
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora earrings
http://www.kd10-shoes.us.com/ kd 5
ドリフトliuyuzhen
| pandora jewelry | 2018/05/05 11:45 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chie.watabiki.jp/trackback/397721
トラックバック