漆工 綿引千絵の奮闘記
 
<< 菊地さんの拭き漆の器 | main | 西田健二さんの片口 >>
求職中の方へ!漆の仕事はいかが? 
 今日はちょっと変わった話題です。唐突ですが求人情報がありまして、みなさんに呼びかけたいと思います。

 求人内容 
  応募資格: 1.漆文化を大切に思い、そのために何かやりたい人、元気な人、ポジティブシンキングな人  2.英語が堪能な人  3.漆技術者  ※1〜3を満たしていればベストだが、最も重要な条件は1だそうです。ビジネス英語が出来る人がよいが、出来なくてもやる気がある人に来て欲しいそうです。
  待遇: その人の能力によって正社員、またはアルバイト
  勤務地: 株式会社Duco 漆工房  町田市東玉川学園2−29−22

 (株)Duco という漆の工房が町田市にあります。もともと漆器の修理工房で、現在、廃れかかっている日本の漆文化・漆産業をなんとかせねば!と、多方面に働きかけ、いろいろ面白い物を生み出している工房でありギャラリーであり会社です。オーナーは渡辺和子さんという方で、大変なエネルギーを持って活動しておられる女性です。渡辺さんの活動や、漆に対する今後を見据えたトータルな考え方については一読の価値があります。是非ホームページ↑をご覧いただけたらと思います。Ducoのページからジャパンうるしネット内の「インタビュー・うるしの人」という記事に行けますが、渡辺さんの言葉には説得力があります。
 私も渡辺さんの漆に対する考え方・理念に共感したというか感銘を受けて、輪島から埼玉に戻った時、Ducoに就職を志願したことがあります。結局自分なりにしていきたい活動が見えてきて就職はしませんでしたが。その後も何度か工房にお邪魔しましたが、渡辺さんとお話しすると毎回ガツンと来るお言葉をいただいたり、元気が出たり自分を確認できるよい時間をもてます。
 
 今日、渡辺さんから人材を探しているとのご連絡を受けました。渡辺さんの活動はすべて、漆の良さを消費者に知ってもらいたい、消費者が使いたい漆器を提供したい、産地の職人の技・分業の構造を絶やしたくない、こういった思いから使命感に突き動かされてのものばかりです。いつも今必要と思うことを確実に行動に移していくのです。その結果、事業内容が多方面に広がり、仕事の要素もものすごく増えたそうです。それで、一緒に志を持って取り組んでくれる人、できればビジネスパートナーとして、無理なら助っ人やアシスタント的に働いてくれる人を求めているとのことです。
 仕事の一端を伺うと、例えば海外のジュエリーブランドと英語でメールのやりとりをするとか、企業との交渉とか、商品の開発(案を練ったりデザインしたり)、と思えば、ぽっとギャラリーに箸を買いに来る人に応対したり、とにかく色々あるようです。
 だから、専門的な能力というよりも、漆に対する思いがあって積極的に動きたい意欲がある方だったらつとまる仕事だと思います。こんな漆器があったらかっこいいのにとか、こういうところに漆を使えるんじゃないかとか、こんな売り方をしたらもっと買いたくなるとか、そんなことを考えて提案したり、作り手を統括して形にしていくような仕事のようです。
 職場は大変アットホームと思います。普通のオフィスのたたずまいではなく、工房とギャラリーが一緒にあります。充実した内容の展覧会も毎年開かれますので、就職とは関係なくてもどなたでも是非訪れてみてください。

 もしDucoでの仕事に興味を持たれた場合は、「コメント」欄にお問い合わせください。こちらから返信いたします。渡辺さんは、いろいろ話をした上で実際にやりたいと思った人を受け入れたいという考えの方です。お気軽にどうぞ。お待ちしております。





【2006.05.18 Thursday 14:30】 author : chiewatabiki
| 漆コラム | comments(11) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
株式会社Duco 漆工房は chie さんに来て欲しいのでは?
| 通りすがり | 2006/05/18 5:49 PM |
そうなんですよね。
通りすがりさんのおっしゃるように、まずは私へのオファーとしてこの話をいただきました。でも、私も今の仕事の態勢に入ったばかりで、何か達成したとか次のステップが見えてきたとかいう境地はまだとっても先な感じなのです。だから、新しい活動するのも、そこでお役に立てるのもまだ先かなぁと思いました。
渡辺さんも私の現状を受け止めてくださいました。でもやっぱり人材は早急に確保したいから、心当たりある?ということになったのです。誰か適材はいないですかね。
| chie | 2006/05/18 6:43 PM |
はじめまして。
カミヤと申します。

漆の知識は現在まったくありませんが、
勉強して将来は漆に関するお仕事がしたいと思っています。

よろしければ株式会社Ducoさんのお話をお聞かせ願えませんか?
| カミヤ | 2006/08/02 2:06 PM |
カミヤさん

お問い合わせありがとうございます。
漆の仕事に就きたいとは!うれしいですねぇ。

お知らせが遅れましたが、(株)Ducoの求人はめでたく見つかったそうです。
でも、まだまだ漆界に人材は必要と思いますし、
(株)Ducoでも更に募集しているかもしれませんので、
是非一度訪れてみてはいかがかと思います。
(株)Ducoは店舗になっているので、
お客さんとしてふらっと行ってみられる場所です。
ただ、事前に電話をして渡邉さんがいらっしゃるか
確認した方がよいかもしれません。

私でお答えできることでしたら、
どうぞお気軽にメールください。
| chie | 2006/08/03 1:23 AM |
始めましてイトウと申します。

現在京都在住で、高校の時に漆工芸を2年間、専門学校でアクセサリーについて2年間、現在ジュエリー販売員のアルバイトをしています
将来的に漆アクセサリーの制作に携わりたいと思っています。

よろしければduco様に関する事を色々お聞かせお願いできますでしょうか?
| イトウ | 2014/06/23 5:00 PM |
イトウ様

お問い合わせありがとうございます。

この記事の掲載年月日をご覧いただけましたでしょうか?
2006年です。
現在、申し訳ありませんが、私はDucoの渡邊さんとしばらく交流しておらず、求人状況も存じません。

直接コンタクトお取りくださいますよう、お願い申し上げます。

それ以外のことでお問い合わせがありましたら、
chie@watabiki.jp
まで ご連絡お願いいたします。
| chie | 2014/06/23 8:25 PM |
こんにちは。先日は大変失礼致しました。
漆のお仕事のお話、大変興味があります。
現在、求職中です。
ブランクがあるのですが、漆の仕事をしたいと考えております。
健康面では少しだけリスクがあるのですが、クリアにさせたいと思っております。
このお仕事のお話、一度オーナー様にお会いできませんでしょうか
何卒宜しくお願い致します。
| 藤巻希已 | 2015/05/26 3:38 PM |
藤巻さま

漆の仕事をされたいとの志、応援しております。

記事の工房に関しましては、現在職人を募集しているかはわかりません。
また、オーナーの渡邊さんとは長らくご無沙汰しております。

(昨年、同様のコメントが寄せられ、同様のお答えをさせていただきました。上記参照。)

お役に立てず申し訳ありません。

漆の求人はなかなか見つからないのが現状と思いますが、まずは作りたいものを作る、という一歩が大事かと思っております。

物ができれば、人に見せることができますから、その反応から、考えること、工夫すること、自分の進みたい方向が見えてきて、次の一歩が踏めるように思います。
| chie | 2015/05/26 10:19 PM |
始めまして、趣味で漆をやっている初心者です。
大変興味があります、この記事はまだ生きていますか?
| WK | 2015/07/31 3:15 PM |
WKさま

はじめまして。
漆を楽しんで織られるのですね。がんばってください!

上記コメント欄に目を通していただけたらと思います。
かなり昔の記事なので、求人情報は生きておりません。
よろしくお願いいたします。
| chie | 2015/07/31 4:51 PM |
なかなか難しいんですね

興味はあったのですが。

ありがとうございます
| WK | 2015/08/01 4:57 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chie.watabiki.jp/trackback/268310
トラックバック