漆工 綿引千絵の奮闘記
 
<< 富春館、よかったです | main | しばし休養のご挨拶 >>
来週末は「みんなのアート広場 2012」!
アートディレクターの花島ゆきさんが発起人の「みんアト」が、3回目を迎えて今年も開催されます。


日時  2012年9月30日(日) 
     10:30〜17:30(入場は17:00まで)
会場  スタジオ目黒ハウス(目黒駅より徒歩5分)
       大正時代のすてきな古民家です
*雨天決行
*お買い物袋をご持参いただけますようお願い申し上げます
*詳しくはみんアト公式サイトをチェックしてください。わかりやすい地図もあります。


たった1日、手仕事の品を持ち寄って、直接みなさまとお会いする楽しい催しです!
数あるクラフト・手作りイベントの中で、この「みんアト」の特徴は、おそらく、女性の持ち物、女性が喜ぶ可愛いものが圧倒的に多いことじゃないでしょうか。
もちろん、男性にも心地よいものもありますが、男性のみなさまも、つい女性にプレゼントしたくなるような、‘可愛い’がたくさん詰まった会場になっていると思います。

私も、アクセサリーを中心に器も少々出品します。

★9月24日画像追加★
「飾る」「装う」ことに欲求が少なかった私。好きな服を着て好きな物を持ちたい気持ちはあっても、何もかも飾り気の少ないものが好きだった。
けれど最近、みなさまのおしゃれ心に触発され、可愛いテイストの発想も自分の中から出てくるようになりました。
そんなみなさまが身につけて(今風に言えば)“上がる↗↗”ものだといいなぁと思って、こんなのを出品してみます。
トップのワンポイントが早く艶が上がって光ってくるので、漆の存在感、あると思います。

★10月3日画像追加★
みんアトで残ったもの、みんアトに出せなかったものをご覧いただこうかと思います。

漆皮らしさが出ているかな、と思う品です。
あまりに地味で、大分やみんアトでもほとんど注目されなかったのですが、つやが出てきたら、この形状によって光がいろんな方向に反射するので、飾りが付いていなくても十分アクセサリーとして指を飾ってくれるものと思います。
ぜひ、出掛けないフツウの日のおしゃれに使っていただければうれしいです。

次2点は、出品できなかったもの。

赤い輪っかに、シルバー(錫粉+銀粉)の丸。まん丸の球体ではなく、ちょっと平たいまんじゅうみたいなのが乗っています。

銀板を埋め込むデザインはずっと作っていますが、今回は小さい銀板を並べてみました。
ほかに、もうお嫁に行きましたが、銀線をあしらったリング、ペンダントヘッドもちょっと面白い感じになりましたよ。黒漆・朱漆ともに銀とは相性がいいので、これからも銀で遊んでみます。


今日はまず、蒔絵屋 伯兆さんとのコラボをご紹介します。
今回も、さらに輪を掛けて、とことん可愛いものが出来上がったと思います!
伯兆さんにはファンがたくさんいらっしゃって、ありがたいことに、私が土台を作るコラボシリーズも毎回待っていてくださいます。一目ご覧になりたい方はぜひ朝一番にお越しくださいませ〜!

今までのリング、バレッタ、ボタンに加えて、帯留とかんざしも新登場します。

「孔雀の羽」「市松」筒状の帯留です。螺鈿のきらめき、金や銀の線描きがうつくしいでしょう?

「モダン」2種。筒状の帯留と、帯留にもペンダントトップにもヘアゴム飾りにもなる品。
私はシルバー地(錫粉蒔き)の小物・器を多く作っているのですが、それに茶と黒を合わせるシリーズを作ってくださいました。
秋っぽいし、伯兆さん曰く、北欧っぽい。実物を見るとたしかに北欧っぽいですよ。

帯留「椿」とかんざし「桔梗」
伝統モチーフですが、伯兆さんの手に掛かると可愛くてきらめく宝物になっちゃう!
椿は、ブラウスの襟の間にブローチみたいに見えるように使うのも可愛いかも。
革ひもやチェーンを通せば、そんなふうにも使えます。

左「じゅえり」ヨーロッパの蚤の市やアンティークショップで出会いそうな、素朴なカットの石が乗った指輪。そういうイメージで形を作ったら、そのイメージの落ち着いた蒔絵が付きました。
右「ひかり」とろっと光るような貝を選んで貼ってありますよ。実物で光の反射を楽しんでください。これの本当の形状は、実物を見ないとわからないのでお楽しみに。

ボタン「天道虫」たまらない可愛さです!説明は要らないでしょう!伯兆さんならではの図案ですよね。
ヘアゴムを通して髪飾りにもなるので、頭にこんな可愛い虫が留まっていたら微笑んでしまいますね。


再制作のリクエストが多い「パンジー」、お待たせしました!
そしてお花シリーズ化するのか?!「アネモネ」は新作です。またもや可愛い〜!

コラボはまだありまして、20点ほど出品されます。載せなかったものも私は相当好きです!
ただの丸、ただの四角でも「漆皮」ならではのゆるさや曲線の温かみがあるのですが、伯兆さんのすごいところは、その形の雰囲気を受け取っての図案が自然に思い浮かぶらしく、形と蒔絵がぴったりなのです。
形を作った私がそう思うのだから、間違いないです。事前に注文を付けるわけではないのに、いつも「意図した雰囲気と違うんだけど‥‥」なんてことにはまったくならないのです!


のちほど、コラボ以外の私のアクセサリーも少し撮影して載せますね。よかったらもう一度チェックしてみてください。

では、みんアトでお会いしましょう!
お天気を願って。




【2012.09.23 Sunday 11:01】 author : chiewatabiki
| お知らせ | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
大分行きおつかれさまでした。
会場も作品もすてきですね。

昨日 スプーン送らせていただきました、どうぞよろしくお願いいたします。
| 矢野陽子 | 2012/09/25 8:26 PM |
矢野さま

コメントありがとうございます。
昨日無事スプーンを受け取りました。

大分の富春館、普段もギャラリーとしてオープンしていますし、レストラン、カフェも昔の建物のままに営業しているので素敵な空間です。
大分へいらっしゃる機会がありましたら、是非お寄りくださいませ!

| chie | 2012/09/27 10:02 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chie.watabiki.jp/trackback/1612151
トラックバック