漆工 綿引千絵の奮闘記
 
<< 年末年始の出来事 | main | ラジオインタビュー >>
オリーブと朱
JUGEMテーマ:アート・デザイン

先日、姉が大粒のオリーブを買ってきてくれた。
ちょっとつまみにと小皿に入れる。


あらためて思う。
この系統の色と漆の朱はなんて合うんだ!
合うというか、朱によって食べ物が引き立つ。
引き立ちすぎて少しまぶしいが。

オリーブ色やうぐいす色。
そういえば、個展のとき私もこんな色の別珍の生地を買って、
「うるしリング」をずらっと並べた。
赤、黒、シルバーにも合うので、使える色だ。

オリーブもおいしかったが、
この二色の妙がよい肴となった。



【2011.02.03 Thursday 00:21】 author : chiewatabiki
| 器いろいろ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chie.watabiki.jp/trackback/1612103
トラックバック